教職員リスト

教職員詳細

Details

秋本 誠志 准教授

Seiji Akimoto

専門
状態解析化学
TEL/FAX
078-803-5705
部屋番号
自然科学4号館 307号室
e-mail
akimoto(at)hawk.kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~seiji/
学位
博士(理学)
担当授業科目

  • 学 部  :化学実験Ⅰ 無機化学Ⅱ 無機分析化学演習
          特別講義「無機機能化学」
  • 博士前期:溶液化学・生物無機化学特論 無機化学Ⅱ
  • 博士後期:無機化学特論Ⅱ
  • 全学共通:
研究の興味

分子は、集合し相互作用することにより、様々な機能を持つようになります。例えば、カロテノイドやクロロフィルに代表される光合成系色素分子は、タンパク質中に取り込まれて整列することにより、光エネルギー捕集、エネルギー伝達、電子伝達などの機能を示します。超高速時間分解分光法を用いて様々な環境におかれた色素分子の励起緩和ダイナミクスを観測することにより、色素分子-色素分子間、色素分子-タンパク質間(溶質分子-溶媒分子間)相互作用が励起緩和ダイナミクスに与える効果を検討し、個々の色素が持ち得る機能の解明を行っています。

主な研究テーマ
  • 超高速時間分解分光法の開発
  • 光合成色素タンパク質複合体におけるエネルギー移動・電子移動
  • 生体関連分子の励起緩和ダイナミクス
  • 溶液中における励起緩和ダイナミクス
最近の代表的な論文

◆"Solvent effects on excitation relaxation dynamics of a keto-carotenoid, siphonaxanthin",S. Akimoto, M. Yokono, M. Higuchi, T. Tomo, S. Takaichi, A. Murakami, M. Mimuro, Photochem. Photobiol. Sci., 7, 1206-1209 (2008).

◆" Application of time-resolved polarization fluorescence spectroscopy in the femtosecond range to photosynthetic systems" , S. Akimoto, M. Mimuro, Photochem. Photobiol, 83, 163-170 (2007).

◆"Identification of the special pair of photosystem II in a chlorophyll d-dominated cyanobacterium", T. Tomo, T. Okubo, S. Akimoto, M. Yokono, H. Miyashita, T. Tsuchiya, T. Noguchi, M. Mimuro, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 104, 7283-7288 (2007).

◆"Fluorescence properties of the chlorophyll d-dominated cyanobacterium Acaryochloris sp. strain Awaji", S. Akimoto, A. Murakami, M. Yokono, K. Koyama, T. Tsuchiya, H. Miyashita, I. Yamazaki, M. Mimuro, J. Photochem. Photobiol. A: Chemistry, 178, 122-129 (2006).

◆"アップコンバージョン法によるフェムト秒時間分解蛍光スペクトルの全自動測定", 秋本 誠志,木場 隆之,横野 牧生,三室 守,山崎 巌,分光研究54巻,18-22 (2005).

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english