教職員リスト

教職員詳細

Details

林 昌彦 教授

Masahiko Hayasi

林 昌彦 教授

専門
有機反応化学
TEL/FAX
078-803-5687
部屋番号
理学部A棟 220号室
e-mail
mhayashi(at)kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~mhayashi/
学位
理学博士
担当授業科目

  • 学 部  :化学実験Ⅰ 有機化学基礎 有機化学Ⅱ
           有機合成化学
  • 博士前期:
  • 博士後期:有機化学特論Ⅰ
  • 全学共通:
研究の興味

私たちは、優れた反応性と選択性をもつ高性能触媒の開発ならびに環境調和型を目指した新反応の開発(炭素―炭素結合形成反応、酸化還元反応)を行っています。そしてそれらを鍵反応として利用した医薬品、有機材料など有用化合物の効率的合成を目指しています。現在取り組んでいる主な研究テーマは次のとおりです。

主な研究テーマ
  • 有機合成反応における新方法論の開発と有用化合物合成の合成
  • 新しいシッフ塩基型キレート配位子の合成とその有機金属錯体を用いた不斉触媒反応の開発
  • 環境調和型酸化反応の開発
  • 窒素配位型配位子を用いた金属触媒によるカップリング反応の開発
  • 触媒反応を利用した希少糖合成
最近の代表的な論文

◆"Selective Synthesis of Some Aminosugars via Catalytic Aminohydroxylation of Protected 2,3-Unsaturated D-Gluco- and D-Galacto-2-hexenopyranosides", I. Fukuhara, R. Matsubara, M. Hayashi, J. Org.Chem., 85, 9179-9189 (2020).

◆"Activated Carbon-Promoted Dehydrogenation of Hydroquinones to Benzoquinones, Naphthoquinones, Anthraquinones under Molecular Oxygen Atomosphere", S. Kim, R. Matsubara, M. Hayashi, J. Org. Chem. 84, 2997-3003 (2019).

◆"Synthesis of Arylamines via Nnon-Aerobic Dehydrogenation Using a Palladium/Carbon-Ethylene system", Y. Shimomoto, R. Matsubara, M. Hayashi, Adv. Synth. Catal. 360, 3297-3305 (2018).

◆"Dehydrogenative Formation of Resorcinol Derivatives Using Pd/C-Ethylene Catalytic System", I. El-Deeb. Y, T. Funakoshi, Y. Shimomoto, R. Matsubara, M. Hayashi, J. Org.Chem., 82, 2630-2640 (2017).

◆"Progress of Chiral Schiff Bases with C1 Symmetry in Metal-Catalyzed Asymmetric Reactions", M. Hayashi, Chem. Rec., 16, 2708-2735 (2016).

◆"Selective Synthesis of Partially Protected D-Talopyranosides and D-Gulopyranosides via Catalytic Asymmetric Dihydroxylation: Multiplier Effects of Substrate Control and Catalyst Control", Y. Namito, K. Michigami, T. Nagahashi, R. Matsubara,M. Hayashii, Org. Lett., 18 (23), 6058-6061 (2016).

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english