教職員リスト

教職員詳細

Details

笠原 俊二 准教授

Syunji Kasahara

笠原 俊二 (准教授)

専門
分子動力学
TEL/FAX
078-803-5678
部屋番号
自然科学4号館304号室
e-mail
kasha(at)kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~kasha/
学位
博士(理学)
担当授業科目

  • 学 部 :量子化学Ⅲ 量子化学演習 化学実験Ⅱ
  • 博士前期:物理化学Ⅰ 反応化学特論
  • 博士後期:物理化学特論Ⅰ
  • 全学共通:基礎物理化学
研究の興味

分子の運動はそれを構成する原子核と電子の間に働く力に支配され、外部からの熱、光、磁場、電場などにより変化します。その結果、ある場合には原子間の結合が切れ、化学反応が起こります。これらのしくみを量子力学を理論的基礎として明らかにし、新しい分子科学の開拓を目指しています。そこで、私は波長可変リングレーザー(500-1000nm)および第二次高調波発生用外部共振器(250-500nm)を用い、きわめて単色性の良い光を光源としてエネルギー分解能の非常に高いレーザー分光実験(超高分解能レーザー分光)を行うことにより、気体状態にある分子の励起状態についての研究を行っています。

主な研究テーマ
  • 高性能レーザーを用いた超高分解能レーザー分光計測システムの開発
  • 起分子の電子・振動・回転構造の解明
  • 励起状態におけるダイナミックスに関する研究~状態間相互作用・解離機構の解明
最近の代表的な論文

◆H. Kat?, M. Baba, and S. KasaharaBull. Chem. Soc. Jpn. 80(3), 456-463 (2007) "High Resolution Spectroscopy and the Zeeman effect on the S1←S0 transition of Benzene and Naphthalene"

◆M. Yamawaki, Y. Tatamitani, A. Doi, S. Kasahara, and M. Baba J. Mol. Spectrosc. 238(1), 49-55 (2006) "Sub-Doppler high resolution excitation spectroscopy of the S1←S0 transition of dibenzofuran"

◆D. Y. Baek, J. Chen, J. Wang, A. Doi, S. Kasahara, M. Baba, and H. Kat? Bull. Chem. Soc. Jpn. 79(1), 75-79 (2006) "Doppler-free two-photon excitation spectroscopy and the Zeeman effect in the "channel three" region of C6H6"

◆D. Y. Baek, J. Wang, A. Doi, S. Kasahara, M. Baba, and H. Kat? J. Phys. Chem. A 109(32), 7127-7133 (2005)"Doppler-free two-photon excitation spectroscopy and the Zeeman effects. Perturbations in the 1410 and 1101410 bands of the S1←S0 transition of C6D6"

◆M. Okubo, J. Wang, M. Baba, M. Misino, S. Kasahara, and H. Kat?J. Chem. Phys. 122(14). 144303 1-7 (2005)"Doppler-free two-photon excitation spectroscopy and the Zeeman effects of the S1 1B1u(v21=1)←S0 1Ag(v=0) band of naphthalene-d6"

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english