教職員リスト

教職員詳細

Details

持田 智行 教授

Tomoyuki Mochida

持田 智行 教授

専門
物性化学
TEL/FAX
078-803-5679
部屋番号
理学部A棟 410号室
e-mail
tmochida(at)platinum.kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~mochida
学位
博士(理学)
担当授業科目
  • 学 部  :化学実験Ⅰ 無機化学Ⅰ
           無機分析化学演習 特別講義「無機機能化学」
  • 博士前期:無機化学Ⅰ
  • 博士後期:無機化学特論Ⅰ
  • 全学共通:基礎無機化学
研究の興味

私達は「金属錯体を液化して機能性液体を創る」研究を行っています。金属錯体はふつう固体ですが、私達はそれらの液化(イオン液体化)に成功しました。これらは金属を含む新しい機能性液体です。イオン液体と金属イオンの特性を併せ持ち、通常の液体・溶液では実現不可能な優れた機能性を発現します。例えば、ガスで色が変わる液体、光で固まる液体、温度で磁性が変化する液体など、面白い液体・非常識な液体を次々に開発しています。液体に加え、固体の構造・物性評価も行っています。

主な研究テーマ
  • 金属錯体系イオン液体の合成と液体物性評価
  • 有機金属系電荷移動錯体の合成と固体物性評価
最近の代表的な論文

◆"Reversible Transformation between Ionic Liquids and Coordination Polymers by Application of Light and Heat" Y. Funasako, S. Mori, T. Mochida, Chem. Commun., 52, 6277-6279 (2016).

◆"Colorimetric Solvent Indicators Based on Nafion Membrane Incorporating Nickel(II)-Chelate Complexes" H. Hosokawa, Y. Funasako, T. Mochida, Chem. Eur. J., 20, 15014-15020 (2014).

◆"Chemical Control of the Monovalent?Divalent Electron-Transfer Phase Transition in Biferrocenium-TCNQ Salts" T. Mochida, Y. Funasako, K. Takazawa, M. Takahashi, M. M. Matsushita, T. Sugawara, Chem. Commun., 50, 5473-5475 (2014).

◆"A spin-crossover ionic liquid from the cationic iron(III) Schiff base complex" M. Okuhata, Y. Funasako, K. Takahashi, T. Mochida, Chem. Commun., 49, 7662-7664 (2013).

◆"ユニークな機能を持つ有機金属系イオン液体の開発" 持田智行, 日本結晶学会誌, 58, 2-6 (2016).

◆"色で溶媒がわかる!溶媒判別フィルム" 持田智行, コンバーテック, 43, 27-29 (2015).

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english