教職員リスト

教職員詳細

Details

大堺 利行 准教授

Toshiyuki Osakai

大堺 利行 准教授

専門
溶液化学
TEL/FAX
078-803-5682
部屋番号
自然科学1号館 504号
e-mail
osakai(at)kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~osakai/
学位
農学博士
担当授業科目

  • 学 部  :無機化学基礎 分析化学Ⅱ 分析化学Ⅰ
  • 博士前期:
  • 博士後期:
  • 全学共通:化学実験
研究の興味

油水界面は,生体膜の最も単純なモデル系であり,生体におけるエネルギー変換(呼吸鎖および光合成電子伝達系)や神経伝達などを理解する上で重要です。本研究室では,油水界面の電位差を電気化学的に制御しながら,界面で起こるイオンや電子の移動を電流として観察し,そのメカニズムの解明を行っています。そして,その分析化学的応用として,各種イオンやタンパク質などの電気化学センサーの開発を行っています。また,他大学や企業との共同研究として,新しい電解クロマトグラフィー法の開発や,銅の腐食,天然抗酸化剤,抗がん剤などの研究も行っています。

主な研究テーマ
  • 油水界面を用いるタンパク質のラベルフリー電気化学検出
  • 電位変調蛍光(PMF)法を用いる油水界面吸着種のスペクトロスコピー
  • 油水界面電子移動の速度論
  • 油水界面を用いる電流検出型イオンセンサー
  • 新しい電解クロマトグラフィー法の開発
  • 銅の腐食の電気化学的研究
最近の代表的な論文

◆Potential-Dependent Adsorption of Amphoteric Rhodamine Dyes at the Oil/Water Interface as Studied by Potential-Modulated Fluorescence Spectroscopy, T. Osakai, H. Yamada, H. Nagatani, and T. Sagara, J. Phys. Chem. C, 111, 9480-9487 (2007).

◆Which Is Easier to Reduce, Cu2O or CuO?, S. Nakayama, T. Kaji, M. Shibata, T. Notoya, and T. Osakai, J. Electrochem. Soc., 154, C1-C6 (2007).

◆Electrochemical Extraction of Proteins by Reverse Micelle Formation, M. Shinshi, T. Sugihara, T. Osakai, and M. Goto, Langmuir, 22, 5937-5944 (2006).

◆Clarification of the Mechanism of the Interfacial Electron-Transfer Reaction between Ferrocene and Hexacyanoferrate(III) by Digital Simulation of Cyclic Voltammograms, H. Hotta, S. Ichikawa, T. Sugihara, and T. Osakai, J. Phys. Chem. B, 107, 9717-9725 (2003).

◆Complete Electrolysis Using a Microflow Cell with an Oil/Water Interface, S. Sawada, M. Taguma, T. Kimoto, H. Hotta, and T. Osakai, Anal. Chem., 74, 1177-1181 (2002).

◆Unusually Large Numbers of Electrons for the Oxidation of Polyphenolic Antioxidants, H. Hotta, H. Sakamoto, S. Nagano, T. Osakai, and Y. Tsujino, Biochim. Biophys. Acta, 1526, 159-167 (2001).

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english