教職員リスト

教職員詳細

Details

瀬恒 潤一郎 教授

Jun-ichiro Setsune

瀬恒 潤一郎 教授

専門
有機分子機能
TEL/FAX
078-803-5683
部屋番号
理学部A棟 228号室
e-mail
setsunej(at)kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~setsunej/
研究の興味

生体機能分子としての複素環化合物の分子設計、合成と機能

複素環化合物はDNAの塩基部分、アミノ酸の側鎖、ヘムやクロロフィル、補酵素の構成 要素として極めて重要であり、生体内で酸化還元、分子認識、金属錯体形成等の重要 な役割を果たしている。有機化学をベースとした生体類似機能分子の研究として、ピ ロール等の複素環を構成要素とする新規化合物の合成を行い、生体機能との関連を念 頭においた分子機能の開発に取り組んでいる。最近は、らせん構造形成と不斉転写、 アロステリック効果、多核金属錯体の構造と反応などの研究を行っている。

主な研究テーマ
  • 有機金属ポルフィリンの合成、構造、反応
  • 巨大ポルフィリノイドの合成と錯体化学
  • 3次元ポルフィリノイドの合成と超分子化学
最近の代表的な論文

◆Synthesis of Bis(azafulvene)s by Dehydration of Hydroxymethylpyrrole Derivatives. J. Setsune, A. Tanabe, J. Watanabe, S. Maeda, Org. Biomol. Chem., 2006, 4, 2247-2252.

◆Synthesis and Chiroptical Property of C2-Symmetric Cyclohexapyrrole. J. Setsune, A. Tsukajima, J. Watanabe, Tetrahedron Lett., 2007, 48, 1531-1534.

◆Cryptand-like Porphyrinoid Assembled with Three Dipyrrylpyridine Chains: Synthesis, Structure, and Homotropic Positive Allosteric Binding of Carboxylic Acids. J. Setsune, K. Watanabe, J. Am. Chem. Soc., 2008, 130, 2404-2405.

◆Synthesis and Dynamic Structure of Multinuclear Rh Complexes of Porphyrinoids. J. Setsune, M. Toda, T. Yoshida, Chem. Commun., 2008, 1425-1427.

◆Enantioselective Helical Chirality Induction to Cyclooctapyrrole by Metal Complex Formation. J. Setsune, A. Tsukajima, N. Okazaki, J. M. Lintuluoto, and M. Lintuluoto, Angew. Chem. Int. Ed., 2009, 48, 771-775.

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english