教職員リスト

教職員詳細

Details

田村 厚夫 准教授

Atsuo Tamura

田村 厚夫 准教授

専門
生命分子化学
TEL/FAX
078-803-5692
部屋番号
自然科学2号館 507号室
e-mail
tamuatsu(at)kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www.lab.kobe-u.ac.jp/sci-tamura
学位
博士(理学)
担当授業科目

  • 学 部  :生物化学Ⅱ 生物化学Ⅲ 化学実験Ⅱ
  • 博士前期:生物化学特論 有機化学Ⅱ
  • 博士後期:有機化学特論Ⅱ
  • 全学共通:
研究の興味

タンパク質のDe Novo(新規)デザイン研究を進めている。これは、自然界の 「アミノ酸配列-立体構造-機能」の流れを逆にたどり、望みの構造と機能をもつタンパク質(のアミノ酸配列)を人工的に設計するものである。この際、生物的デザイン及び合理的デザインの2つを用いる。さらに、タンパク質を多数並べることでナノメートルサイズの規則的分子集合体とするための設計を行い、ファイバーに加えナノチューブやナノケージなどのユニークな形態を創り出すことに成功した。このような「デザイン」を行うことで、自然を超えた実体を創造するとともに、自然界の生命現象を新しい切り口で見ながら理解していきたい。

主な研究テーマ
  • 生物的デザイン:進化工学の手法を用いた高機能タンパク質のデザイン研究(科技団さきがけ21) 。基質結合や膜透過など生物機能を持ったタンパク質の設計。
  • 合理デザイン:理論化学や実験データ解析結果を用いた新規タンパク質の構造および機能のデザイン研究
  • ナノファイバー、ナノチューブの設計:分子内構造および分子間相互作用の制御による種々の形態を持ったナノメートルスケールのタンパク質集合体のデザイン研究
  • タンパク質構造形成機構の解明:現存のタンパク質は良い意味でも悪い意味でも進化のバイアスを受けている。このバイアスを回避したタンパク質を人工設計することで、逆に天然タンパク質の一面を浮き彫りにして、立体構造構築原理を探る
  • 天然タンパク質の構造物性の解析:核磁気共鳴(NMR)法による構造解析、熱測定による安定化機構の解明など、物理化学的解析を行うことでタンパク質の構造機能の解明につなげる
最近の代表的な論文

◆Mitsugu Araki & Atsuo Tamura (2009) Solubility-dependent structural formation of a 25-residue natively unfolded protein induced by addition of a 7-residue peptide fragment. FEBS J. (in press)

◆Mitsugu Araki, & Atsuo Tamura (2007) Transformation of an -helix peptide into a -hairpin induced by addition of a fragment results in creation of a coexisting state. Proteins: Struct., Funct., Bioinformatics., 66, 860-868

◆Hideyuki Mukai, Takayuki Isagawa, Emiko Goyama, Shuhei Tanaka, Neil F. Bence, Atsuo Tamura, Yoshitaka Ono, & Ron R. Kopito (2005) Formation of morphologically similar globular aggregastes from diverse aggregation-prone proteins in mammalian cells. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 102, 10887-10892.

◆Min Ye, Fumi Shima, Shin Muraoka, Jingling Liao, Hidetsugu Okamoto, Masaki Yamamoto, Atsuo Tamura, Naoto Yagi, Tatzuo Ueki, & Tohru Kataoka (2005) Crystal structure of M-Ras reveals a GTP-bound "off" state conformation of Ras family small GTPases. J. Biol. Chem., 280, 31267-31275.

◆Sayuri Morimoto & Atsuo Tamura (2004) Key elements for protein foldability revealed by a combinatorial approach among similarly folded but distantly related proteins. Biochemistry, 43, 6596-6605.

◆Hiroaki Sasakawa, Sosuke Yoshinaga, Shuichi Kojima, and Atsuo Tamura (2002) Structure of POIA1, a homologous protein to the propeptide of subtilisin: Implication for protein foldability and the function as an intra-molecular chaperone. J. Mol. Biol. 317, 159-167.

Atsuo Tamura & Peter L. Privalov (1997) The entropy cost of protein association. J. Mol. Biol. 273, 1048-1060.

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english