教職員リスト

教職員詳細

Details

富永 圭介 教授

Keisuke Tominaga

専門
状態解析化学
TEL/FAX
078-803-5684
部屋番号
自然科学4号館308号室
e-mail
tominaga(at)kobe-u.ac.jp
※(at)は@に変更して送付して下さい
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~tominaga/
学位
理学博士
担当授業科目

  • 学 部  :化学実験Ⅰ 化学熱力学Ⅲ 溶液化学
           無機分析化学演習
  • 博士前期:溶液化学・生物無機化学特論 無機化学Ⅱ
  • 博士後期:無機化学特論Ⅱ
  • 全学共通:物質の成り立ち
研究の興味

我々の研究室では、主にフェムト秒レーザーを基盤とした分光法を用いて、溶液や液 体、またタンパク質やポリペプチドなどの生体高分子について、溶媒和ダイナミクス や振動エネルギー緩和などの緩和現象や化学反応ダイナミクス、分子間相互作用に関 する研究を行っています。特に、水やアルコールといった水素結合性液体に興味を 持っており、これらの系には、水素結合の解裂や生成、また水素結合ネットワークの 構造揺らぎなど、集団運動とよばれる特徴的なダイナミクスが存在し、化学反応やタ ンパク質の機能発現などで重要な役割を演じます。

主な研究テーマ
  • 赤外非線形分光(3-パルスフォトンエコー法)による振動状態の揺らぎの観測
  • 赤外ポンプ-プローブ分光法による水素結合錯体の振動ダイナミクス
  • 時間分解蛍光分光法による回転緩和や溶媒和ダイナミクス
  • テラヘルツ電磁波による凝縮相(溶液、水素結合性液体、タンパク質など) の低 振動スペクトル
最近の代表的な論文

◆"Vibrational Dynamics of the CO Stretching Mode of 9-Fluorenone in Alcohol Solution", S. Hirai, M. Banno, K. Ohta, D. K. Palit, and K. Tominaga, Chem. Phys. Lett. 450, 44-48 (2007).

◆"Ultrafast Dynamics of the Carbonyl Stretching Vibration in Acetic Acid in Aqueous Solution Studied by Sub-Picosecond Infrared Spectroscopy", M. Banno, K. Ohta, and K. Tominaga, J. Phys. Chem. A 112, 4170-4175 (2008).

◆"Structural Changes of Poly-L-Lysine in Solution and Lyophilized Form", O. Kambara, A. Tamura, A. Naito, and K. Tominaga, Phys. Chem. Chem. Phys. 10, 5042-5044 (2008).

◆"Vibrational Dynamics of Benzoic Acid in Nonpolar Solvents Studied by Subpicosecond Infrared Pump-Probe Spectroscopy", S. Yamaguchi, M. Banno, K. Ohta, K. Tominaga, and T. Hayashi, Chem. Phys. Lett. 462, 238-242 (2008).

◆"Dependence of low frequency spectra on solute and solvent in solutions studied by terahertz time-domain spectroscopy", P. Dutta and K. Tominaga, Mol. Phys. a special issue on "spectral dynamics and related topics in physics, chemistry, and biology", (2009) in press.

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english