化学科/化学専攻

化学科の研究・教育理念

 

化学とは、物質の性質と機能を原子・分子の観点から理解し体系化すると共に、これらの知見を基に物質変換の制御と新しい機能性物質の創生を目指す基礎的学問である。近年、化学は自然科学の他分野との融合が著しく、対象となる物質群は有機・無機・生体関連物質等から海洋、大気環境、宇宙に関連する物質にまで広範に広がってきている。また、コンピューターの進歩と相俟って、理論化学と計算機化学が著しく進歩し、それらは物質の体系化と予測に大きな役割を果たすようになった。こうした状況下、化学的な考え方とそこから得られる情報の重要性は、物理学、生物学や医学等の諸分野においても益々高まってきている。このような学術の流れの中で化学の果たすべき役割として、新しい概念と学際領域の創出を意図した研究を今後も活発に進める必要がある。また、研究を基盤とする生きた教育を進めることで、次世代の化学を担う後継者と社会の要請する技術者の育成に努める事が肝要である。

神戸大学理学部化学科では、上記の観点から、教育研究分野として分子動力学/物性物理化学/反応物理化学/固体化学/溶液化学/状態解析化学/有機反応化学/生命分子化学/有機分子機能といった9つの分野を設置し、学生に対する幅広い教育を提供できるよう努めている。前記のように化学は物質を扱う学問であり、学生の物質への探究心を充分養成するために、一部の学部専門科目と化学実験は必修としている。また、学生の自主性、視野の拡大と知的好奇心を育成するために、多くの学部専門科目は選択性を採用している。当化学科の規模は比較的小さく、全ての化学の分野を包含する教育研究体制を敷くことは難しい。しかしながら逆に、少人数制を生かしたマンツーマン教育を通じて、未開拓の分野へ取り組む意欲を持ち問題認識および解決能力を身につけた学生の育成が可能である。神戸大学理学部化学科では今後ともこの特徴を生かし、学生の創造力を育てる教育を進めることが重要であると考えている。研究面においても教官相互の連携を密に保ちながら、柔軟性に富む、独創的で影響力の大きい研究を進めることを目指している。

ページトップへもどる

化学科のご紹介

画像をクリックすると拡大します

  • 化学科外観
  • 研究室01
  • 神戸大学ロケーション
  • 化学科研究室02
  • 研究棟
  • 化学科研究室03

ページトップへもどる

化学専攻の教育専門分野について

大学院博士前期課程(修士課程)

大学院博士後期課程(博士課程)

ページトップへもどる

  • 受験情報 大学院化学科/化学専攻
  • お知らせ 大学院化学科/化学専攻
  • 研究室見学会
  • 化学科/化学専攻ホーム
  • 化学科/化学専攻について
  • 教職員リスト
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • english